清明

【2021年4月4日~4月19日】

清明の菓子
花筏
花筏 〜はないかだ〜

川面に舞い降りた桜が、岸辺に着かず離れず
筏の様に浮かび、流れにまかせて漂い続ける。
古人がその景色に見惚れ、呼んだ言葉が花筏。
粒餡を求肥で包み、その上に桜の姿をとどめて、
花の名残に心を残す思いを込めました。

格:
1粒 350円【税込】
お日持ち:
当日中
特定原材料:
なし
神宮つつじ
神宮つつじ 〜じんぐうつつじ〜

かの西行が神路山の岩根に見たという、つつじ。
今年も神宮の一画でそのつつじが花を咲かせます。
木々の緑と赤いつつじが見せる、鮮やかな色彩の対象を
きんとんで表現しました。

格:
1粒 350円【税込】
お日持ち:
当日中
特定原材料:
やまいも
胡蝶の舞
胡蝶の舞 〜こちょうのまい〜

神宮では神恩への感謝と共に、民福を祈念するため
毎年四月、春の神楽祭がおこなわれます。
神苑に朱塗りの舞台をしつらえ、
古式ゆかしく演じられる「胡蝶」の舞。
その装束の美しさを白餡と羊羹を使い
お菓子のかたちに写し取りました。

格:
1粒 350円【税込】
お日持ち:
当日中
特定原材料:
なし