夏至

【2021年6月21日~7月6日】

夏至の菓子
紫陽花
紫陽花 〜あじさい〜

梅雨空の下、色とりどりに咲く紫陽花は、
もっとも古い種族は青色であったようです。
また、紫陽花の花の名も藍色が多く集まる様子を指す
「あづさあい(集真藍)」なる古語から起こったそうです。
羊羹のきんとんで、あじさいの七変化を表現しました。

格:
1粒 350円【税込】
お日持ち:
当日中
特定原材料:
なし
黒糖羹
黒糖羹 〜こくとうかん〜

サトウキビの搾汁をそのまま煮詰めて作られる黒砂糖は
太陽と大地に育まれた自然の純粋さが感じられます。
黒糖の羊羹と錦玉を重ね琥珀のような色合いに仕上げました。
こくのある甘味でひとときの夏時間をお過ごしくださいませ。

格:
1粒 350円【税込】
お日持ち:
当日中
特定原材料:
なし
里の蛍
里の蛍 〜さとのほたる〜

宮川の支流・横輪川は伊勢では蛍の名所として知られています。
六月中旬から七月の中旬にかけ源氏蛍や平家蛍が群れをなして集まり
美しい光の舞を見せてくれます。
白餡とこし餡を金柑の入った葛寒天で包み
金色の蛍火が描き出す情景を表現しました。

格:
1粒 350円【税込】
お日持ち:
当日中
特定原材料:
小麦